紫外線対策してますか?

紫外線対策していますか?

紫外線

 

あなたは紫外線対策をしていますか?何となく「紫外線(UV)は夏に多いから、暑くなってからでも大丈夫!」と考えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

 

ダメです!それでは遅すぎます。紫外線(UV)は、桜の花が咲きはじめる3月頃から増え始めます。そしてピークを迎えるのは、6月〜7月頃です。

 

最も気温が高く日焼けを気にする人が多い8月は、むしろ紫外線(UV)の量は下降気味なのです。従って春先から紫外線(UV)対策をすることが非常に重要です。

 

また気温が低い秋から冬にかけても、紫外線(UV)は消滅したわけではありません。確かに夏のピーク時(6月)と比較すると、12月〜1月は6分の1ほどに減少します。

紫外線

しかし、だからといって安心してはいけません。紫外線(UV)を浴びている時間が長くなると、結局紫外線を浴びる量は同じになってしまいますよね。

 

紫外線(UV)対策を考えるときには、年間を通じた総量を考え、冬でも対策を講じる必要があります。

 

もう1つ紫外線(UV)対策について知っておくことがあります。それは、紫外線(UV)は直射日光だけではなく、地面や水面からの反射光もあるということです。

 

しっかりと帽子をかぶって「上」からの紫外線(UV)の攻撃を防いでいるつもりが、アスファルトの照り返しがあなたの肌を「下」から直撃していた、なんてことにならないよう、しっかりと「上下&左右」から紫外線(UV)対策をしましょう。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

紫外線対策してますか?記事一覧

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯

紫外線 紫外線の種類紫外線(UV)は決して目には見えませんが、私たちの生活に様々な悪影響を及ぼします。特に人の肌に対しては、決して良い作用をしません。良い作用をしない紫外線に対して、私たちはまず紫外線(UV)とは何かをしっかりと理解し、紫外線(UV)を防ぐ対策を施す必要があります。紫外線にはUV-A・B・C...

≫続きを読む

 

悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて

紫外線 紫外線(UV)対策(雨天・曇り)について紫外線(UV)は肌に悪影響を及ぼしますが、オゾン層を通過して地表に届く紫外線(UV)は、UV-AとUV-Bです。UV-Aは表皮を通過して更に奥深く真皮にまで到達し、色素沈着(サンタン)を引き起こします。これが肌を黒くさせる原因で、更に慢性的にUV-Aを浴びてい...

≫続きを読む

 

紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み

紫外線 紫外線による皮膚がん紫外線(UV)がその発生の要因の1つとなっているのが皮膚がんです。皮膚がんは40歳代から徐々に増え始め、80歳代頃まで発生が続きます。皮膚がんには、主として顔や露出している部分に発生する「有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)」と、「基底細胞癌(きていさいぼうがん)」などがあります...

≫続きを読む

 

紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!

紫外線 紫外線による日焼け日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。この中波紫外線(UV)浴びると、すぐに灼熱感(しゃくねつかん)を伴って肌が真っ赤になって(紅斑(こうはん))、ひどいときには水泡を起...

≫続きを読む

 

光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム

紫外線 光線過敏症の原因人は直射日光を長時間受けると、皮膚が赤くなり紅斑ができます。明らかに過剰な紫外線(UV)を浴びた場合には、それが紫外線(UV)による「日焼け」とわかります。しかし、人によってはわずかな直射日光の照射で赤くなる場合があります。このような場合は「光線過敏症」の疑いがありますので精密検査を...

≫続きを読む

 

日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方

紫外線 日焼け止め(サンスクリーン)の強さドラッグストアなどで販売されている日焼け止め(サンスクリーン)のパッケージを見ると「PA+」「PA++」「SPF25」「SPF50」という表示がありますが・・・・・。「PA」というのは、波長が長い紫外線(UV)であるUV-Aをどれほど防止できるかを「+」の数で示す目...

≫続きを読む

 

赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)

紫外線 赤ちゃんの紫外線(UV)対策赤ちゃんの肌は敏感です。実際、少しの刺激に対してもすぐに炎症を起こしますから、弱い肌に対して紫外線(UV)が良い作用をしないことは容易に想像できます。確かに生まれて間もない赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚と比較すると層が薄いですから、紫外線(UV)を浴びると大人以上の影響を強...

≫続きを読む

 

紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について

紫外線(UV)を浴びた後のお手入れ皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?私たちは日光浴をしなくても、日常の生活で必要以上に紫外線(UV)を浴びています。特に営業という外回りの仕事や子供と公園で遊んだ場合には、想像以上に紫外線(UV)を浴びています。そ...

≫続きを読む