紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!

紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!

紫外線による日焼け

紫外線

日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。

 

この中波紫外線(UV)浴びると、すぐに灼熱感(しゃくねつかん)を伴って肌が真っ赤になって(紅斑(こうはん))、ひどいときには水泡を起こすこともあります。

 

「日焼け」と言う時、太陽光線を浴びて赤くなる症状と黒くなる症状があり、一般的に両方を含めて日本語では「日焼け」と言っています。

 

しかし、前者の赤くなる症状は「サンバーン」と言いまして、紫外線(UV)で皮膚の細胞が障害を負った炎症のことを指します。

 

黒くなる「サンタン」は、紫外線(UV)の刺激で皮膚にある色素細胞が活性化され、メラニン色素を大量に産出するために、皮膚が褐色調に黒くなってしまう現象です。

 

「サンバーン」と「サンタン」は、本来区別しなければならない症状です。また、サンバーン、サンタンともに人種差、個人差があります。

 

一般的に白人は紫外線(UV)を受けるとすぐに赤くなりますが、数日たつと赤みが引き、あまり痕を残さずに消えてしまいます。サンバーンになりやすく、サンタンにはなりにくいタイプです。

 

一方、肌の色がもともと黒い人種は、日光を浴びた直後はあまり赤くならず、数日して急激に黒くなります。サンバーンにはなりにくく、サンタンになるタイプの肌です。

 

日本人はちょうど中間にあたり、サンバーンとサンタンを両方ともそこそこに起こすという人が、日本人全体の約60〜70%を占めます。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

 

日焼けのタイプ

紫外線

紫外線(UV)を同じように浴びて、紫外線(UV)対策を同じように施しているつもりでも
  ・すぐに真っ赤になってしまう人
  ・あまり赤くならずに、時間が経つと急激に真っ黒になる人
のタイプがいます。

 

日焼けの仕方は肌のタイプによって変わります。従って、紫外線(UV)対策を考える場合も、自分の肌のタイプ、日焼けのパターンをよく理解しての対策が必要です。

 

日焼けやの仕方は人によって次の3タイプに分かれます。

@日焼け直後にすぐに真っ赤になります。しかし数日すると日焼けのあとはほとんどなくなり、うっすらと残る程度です。

 

A日焼けした直後はある程度赤くなりますがさほど目立ちません。しかし数日すると、褐色がかった感じで黒く色素沈着が起きます。

 

B日焼け直後は赤くなったりすることもなくほっとするのですが、数日後、鏡を見てぎょっとするほど急激に真っ黒になっている、というタイプです。

 

日本人の場合は、@が約17〜18%、Aが約60〜70%を占めます。一方、Bは約13〜14%でさほど多いとは言えませんが、このタイプの方にとって日焼けは重大な悩みの種となります。

 

黒くなる原因は、紫外線(UV)の中でもUV-Aのしわざです。一方、浴びた直後に真っ赤になるのは紫外線(UV)の中のUV-Bの作用によるものです。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

関連ページ

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯
紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。
悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて
6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み
紫外線が原因での皮膚がんが増えてきていますが、日本と海外(オーストラリア)での紫外線への取り組み方はどのようになっているのでしょうか。
光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム
日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。
日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方
日焼け止め(サンスクリーン)はどれも同じだと思っていませんか?このページでは、日焼け止めの種類と塗り方について書いています。
赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)
赤ちゃんの皮膚は大人と違って弱いもの!しっかりと紫外線対策をとり、赤ちゃん用の日焼け止めで守ってあげましょう。
紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について
皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。