光過敏症の原因の除去と日焼け止めクリーム(サンスクリーン)

光過敏症の原因の除去と日焼け止めクリーム

光線過敏症の原因

紫外線

人は直射日光を長時間受けると、皮膚が赤くなり紅斑ができます。明らかに過剰な紫外線(UV)を浴びた場合には、それが紫外線(UV)による「日焼け」とわかります。

 

しかし、人によってはわずかな直射日光の照射で赤くなる場合があります。このような場合は「光線過敏症」の疑いがありますので精密検査を受ける必要があります。

 

光線過敏症の原因はさまざまですが、症状は日光にあたるところにのみ出るのが特徴です。

 

なかには、紫外線(UV)で傷つけられた細胞のDNAを修復できない先天的な異常で起こる「色素性乾皮症」というまれな病気もあります。

 

さらに原因不明の光線過敏症として「多形日光疹」や「日光蕁麻疹」などがあります。

 

治療は、原因が取り除ける場合は、原因の薬や化粧品を中止するだけでなおることがあります。これは光線過敏型薬疹や光線過敏型皮膚炎などの場合です。

 

急性期の場合の紅斑に対しては副腎皮質ホルモン軟膏を塗ります。原因が不明の場合には、とにかく紫外線(UV)を防ぐしかありません。

 

日焼け止め(サンスクリーン)を使って徹底的に紫外線(UV)をカットします。ただし、光線過敏症の場合わずかな量の紫外線(UV)で炎症が悪化したり、症状を誘発します。

 

対策としては、低刺激でUV-A、UV-Bをカットする効果のある日焼け止め(サンスクリーン)が必要です。また、直射日光を避けるために、つばの広い帽子や長袖のシャツを着るようにします。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

 

日焼け止め(サンスクリーン)クリーム

紫外線

紫外線(UV)対策の重要なアイテムは「日焼け止めクリーム」「日傘、長袖の服」および「帽子、サングラス」と言われています。

 

日焼け止め(サンスクリーン)は、紫外線(UV)から肌を守ることを目的に作られていて、主に紫外線(UV)吸収剤と紫外線(UV)散乱剤から構成されています。

 

紫外線(UV)をいったん吸収し、熱エネルギーに変えて放出する働きをするのが紫外線(UV)吸収剤で、紫外線(UV)を物理的に散乱、反射させて肌を防御するのが紫外線(UV)散乱剤です。

 

紫外線(UV)対策の筆頭にあげられる「日焼け止めクリーム」ですが、どのように使用するとどの程度の紫外線(UV)予防効果が望めるものなのでしょうか。

 

日焼け止めは、肌が外に出ている部分にはすべてに塗るつもりで、適量をむらなく塗りのばします。その年の最初で、急激な日焼けが予想される場合は特に念入りに。

 

たとえば、海水浴や屋外プール、山登り、ハイキングなどでは、日焼け止め(サンスクリーン)をしっかりと使い、徐々に日焼けをしていくようにします。

 

紫外線(UV)が多い季節や時間帯に限らず、ふだんから日焼け止め(サンスクリーン)が配合された化粧品を用いることを習慣にすると良いですね。

 

重要なことは、1度塗ってそれでおしまいというのではなく、数時間ごと(2〜3時間)で塗りなおすことが大切です。

 

日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

関連ページ

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯
紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。
悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて
6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み
紫外線が原因での皮膚がんが増えてきていますが、日本と海外(オーストラリア)での紫外線への取り組み方はどのようになっているのでしょうか。
紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!
日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。
日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方
日焼け止め(サンスクリーン)はどれも同じだと思っていませんか?このページでは、日焼け止めの種類と塗り方について書いています。
赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)
赤ちゃんの皮膚は大人と違って弱いもの!しっかりと紫外線対策をとり、赤ちゃん用の日焼け止めで守ってあげましょう。
紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について
皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。