日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方

日焼け止め(サンスクリーン)の強さと手足への日焼け止めの塗り方

日焼け止め(サンスクリーン)の強さ

紫外線

ドラッグストアなどで販売されている日焼け止め(サンスクリーン)のパッケージを見ると「PA+」「PA++」「SPF25」「SPF50」という表示がありますが・・・・・。

 

「PA」というのは、波長が長い紫外線(UV)であるUV-Aをどれほど防止できるかを「+」の数で示す目安です。
@「PA+」
A「PA++」
B「PA+++」というように3段階で示します。

 

「PA+」<「PA++」<「PA+++」。このように「+」が多くなるほど紫外線の防止効果が高くなることを示します。

 

一方、「SPF25」「SPF50」は、UV-Aと比べると波長が短く、真皮にまでは到達しない紫外線、UV-Bを何倍防ぐことができるかを数値で示したものです。

 

「何倍か」というのは、たとえば「SPF25」とは、何も塗らないときよりも25倍紫外線(UV)の影響を防げるということです。

 

【例】何も塗らずに10分で肌が赤くなり始める人 ⇒ 「SPF25」を塗る ⇒ 10分×25倍=250分は肌が赤くならないということです。

 

ただこれにも個人差はありますから、「PA+++」で「SPF50」というようにすればいいか、と言うと一概にそうとも言えないようです。

 

肌がもともと敏感な人は、日焼け止め(サンスクリーン)にかぶれてしまうことがあるからです。

 

肌が敏感な人は、低刺激性のできるだけ配合成分が少ないほうがかぶれにくいと言えます。

 

いきなり顔に塗ってしまうのではなく、二の腕の内側などに少しつけてみて、反応を確かめてから使用するようにしましょう。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

 

日焼け止め(サンスクリーン)の手足への塗り方

紫外線

あくまで目安ですが、片方の腕に対して、日焼け止め(サンスクリーン)をパール1粒大(直径0.7cm)を2個分の量が適切とされています。

 

まず、手の平に日焼け止め(サンスクリーン)を出し、全体にむらなく均一になるように塗っていきます。あまりこすらないようにすることが大切です。

 

腕だけでなく、忘れやすいのは手の甲です。また、手を洗ったりしたあとは、そのつど塗りなおすことを忘れないでください。

 

首筋などは服の襟でこすれて日焼け止め(サンスクリーン)が取れてしまいがちです。塗りなおしを必ずしてください。

 

足および足先の場合も同様に塗っていきますが、腕よりも皮膚面積が断然大きいですから腕の2〜3倍が必要です。

 

サンダルなどを履くときにはてきめんに紫外線(UV)の攻撃を受けてしまいますから、足の甲も忘れずに塗りましょう。

 

腕の場合も足の場合も、こするとそれが肌への刺激になってしまいますので、らせんを描くようにやさしく塗り伸ばすようにしてください。

 

紫外線(UV)は一度塗ったら終わりではなく、2〜3時間おきに塗りなおしてください。紫外線(UV)の量がもっとも多くなる10時から14時までの4時間は特に注意が必要です。

 

塗りなおすとき顔などメイクをしている場合は、顔の表面に浮いた皮脂汚れやほこりをティッシュペーパーで軽く押さえて取り、日焼けをしやすい額、鼻筋、頬骨など高いところに日焼け止め(サンスクリーン)を塗り直します。

 

そのあとで再度、ファンデーションで上から重ねてつけるようにします。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

関連ページ

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯
紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。
悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて
6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み
紫外線が原因での皮膚がんが増えてきていますが、日本と海外(オーストラリア)での紫外線への取り組み方はどのようになっているのでしょうか。
紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!
日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。
光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム
日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。
赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)
赤ちゃんの皮膚は大人と違って弱いもの!しっかりと紫外線対策をとり、赤ちゃん用の日焼け止めで守ってあげましょう。
紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について
皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。