紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について

紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンC

紫外線(UV)を浴びた後のお手入れ

紫外線

皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?私たちは日光浴をしなくても、日常の生活で必要以上に紫外線(UV)を浴びています。

 

特に営業という外回りの仕事や子供と公園で遊んだ場合には、想像以上に紫外線(UV)を浴びています。そのまま放っておきますと、様々な肌トラブルに見舞われることになります。

 

まず、紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。

 

そうなると、当然実年齢より老けて見られるわけですが、できればそうはなりたくないですよね。紫外線(UV)を浴びたら、その都度まめにお手入れをするようにしましょう。

 

紫外線(UV)を浴びるとお肌の表面の水分が奪われて、乾燥しほてった状態になります。ですから、紫外線(UV)を浴びた後のお手入れで、一番最初にやらなくてはならないのは水分補給です。

 

外から帰ったら、まず洗顔をして肌の表面の汚れを落とします。その後、普段お使いの化粧水でかまいませんので、コットンにたっぷりとしみ込ませ、顔全体を優しくパッティングします。

 

フェイスマスクがあるのでしたら、それに普段よりたっぷり目に化粧水を浸して、顔全体に貼ります。この最初のお手入れに出来るだけ時間をかけて下さい。

 

最初の水分補給とクールダウンが一番重要です。紫外線(UV)を浴びた後は、シミが出来やすくなったり、シワやたるみが目立ってきたりします。

 

ですから、化粧水をたっぷりと補った後は、美白のための美容液や、アンチエイジングのための美容液などを十分になじませると、より効果的でしょう。

 

あとは、お肌が乾燥してしまわないように乳液やクリームやオイルなどでお手入れの仕上げを行って下さい。

 

紫外線(UV)を浴びた後のお手入れの基本は、保湿とクールダウンを重点的に行なうこと、そして乾燥しないように注意すること、この2つです。

 

出来れば、美容液もあった方がいいですね。翌朝のお肌の状態が違ってきます。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

 

ビタミンCの必要性

紫外線

紫外線(UV)対策として紫外線の「予防」も大切ですが、それと同じくらい、日焼けをした場合の後の対策も重要です。

 

日焼けは火傷と同じですから、とにかくそれ以上紫外線(UV)を浴びないようにし、濡れたタオルなどで冷やしましょう。

 

日焼けの治療には、副腎皮質ホルモン軟膏を薄く塗ることも炎症を抑えるのに効果があります。また、ビタミンCを内服することも、色素沈着を防ぐのに効果があると言われています。

 

ビタミンCをサプリメントなどで摂取することを日常的に心がけている方もいらっしゃるでしょう。しかし、栄養はやはり食べ物から、というのを基本と考えたいものです。

 

そのうえでどうしても、という場合の栄養不足を補うために、サプリメントなどを用いるようにしてはどうでしょうか。

 

ビタミンCを多く含む食品は、主に野菜でブロッコリーや芽キャベツ、菜の花、ピーマンが上位を占めます。果物のイチゴや甘柿もビタミンCが豊富です。

 

これらの野菜や果物を意識的に多くとるようにしましょう。

 

また、ストレスがかかると人間の身体は、ビタミンCを多く消費するといわれています。ストレスによって、副腎皮質ホルモンの分泌が高まるために、ビタミンCが多く消費されるのです。

 

ストレスがたまらないように精神的にも肉体的にもゆったりと構え、新鮮な野菜を、さまざまな調理の仕方でおいしく召し上がりたいものです。

 

生野菜だけだとなかなか量をとれません。ブロッコリーは、ゆでたり、蒸したりしてもおいしいですし、シチューなどに入れても抜群です!

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

関連ページ

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯
紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。
悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて
6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み
紫外線が原因での皮膚がんが増えてきていますが、日本と海外(オーストラリア)での紫外線への取り組み方はどのようになっているのでしょうか。
紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!
日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。
光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム
日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。
日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方
日焼け止め(サンスクリーン)はどれも同じだと思っていませんか?このページでは、日焼け止めの種類と塗り方について書いています。
赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)
赤ちゃんの皮膚は大人と違って弱いもの!しっかりと紫外線対策をとり、赤ちゃん用の日焼け止めで守ってあげましょう。