赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)

赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)

赤ちゃんの紫外線(UV)対策

赤ちゃん

赤ちゃんの肌は敏感です。実際、少しの刺激に対してもすぐに炎症を起こしますから、弱い肌に対して紫外線(UV)が良い作用をしないことは容易に想像できます。

 

確かに生まれて間もない赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚と比較すると層が薄いですから、紫外線(UV)を浴びると大人以上の影響を強く受けます。

 

表面だけの日焼けではなくもっと深くまでその刺激は達し、まだ未発達な赤ちゃんの皮膚の機能を壊してしまう危険があるのです。

 

日本では、かつて母子手帳に「日光浴」という記載がありましたが、1998年からそのような記載はなくなりました。

 

屋外で元気に遊ぶことは、幼い子どもにとって精神的、身体的な成長という面から考えても重要なことですが、それとは別に、幼少期からの紫外線(UV)対策は、周りの大人が十分に配慮してあげ、その上で元気に外で遊ばせることが大切です。

 

外出時にはつばの広い帽子をかぶる、長袖のシャツを羽織る、そしてなるべく低刺激の、かつ紫外線(UV)防御効果の高い日焼け止め(サンスクリーン)を塗ることが大切です。

 

皮膚がんが、国民のがんの半数を占めているというオーストラリアなどでは、早くから紫外線(UV)対策に国が乗り出し、子どもの施設や保育園では、紫外線(UV)対策を法的に義務づけています。

 

日本でも皮膚がんが増えてきている現状を真剣にとらえ、幼いうちから紫外線(UV)対策を習慣化するよう指導していくことも大切でしょう。

 

>>赤ちゃんを紫外線から守りましょう!<<

 


 

赤ちゃんの湿疹と日焼け止め(サンスクリーン)

赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんはもちろん、まだ皮膚が十分に発達していないような幼いお子さんの場合は、紫外線(UV)対策を特に重要に考える必要があります。

 

赤ちゃんの皮膚はとても薄いですから、紫外線(UV)の影響が大人以上に皮膚の奥深くまで達してしまうからです。

 

外出時はつばの広い帽子をかぶせ、なるべく肌が出ない服を着せてあげましょう。何より紫外線(UV)が1日の中でも特に多くなる午前10時から午後2時までは、できれば外出は避けたいものです。

 

それでも外出する必要がある場合は、大人同様日焼け止め(サンスクリーン)を塗ります。ただし大人用のものではなく、赤ちゃん専用のものを用いるべきです。

 

そして一度塗ったらそれで安心するのではなく、2〜3時間ごとに塗りなおしてあげます。

 

その時に大切なことは、口の周りなどは清潔なタオルで汚れをよくふき取ってから、日焼け止め(サンスクリーン)を塗るということです。

 

そして帰宅したら、今度はきちんとその日焼け止め(サンスクリーン)を洗い流してあげてください。

 

赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んですから湿疹や発疹ができてしまいがちです。その治療のために軟膏などを塗っている赤ちゃんもいらっしゃるでしょう。

 

そのような場合でも、外出する際には日焼け止め(サンスクリーン)をきちんと塗っておきましょう。湿疹や発疹は、強い直射日光にあたるとますます症状が悪化してしまいます。

 

湿疹などのお薬を塗ったうえで、その上から日焼け止め(サンスクリーン)を塗るようにします。

 

>>赤ちゃんを紫外線から守りましょう!<<

 


関連ページ

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯
紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。
悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて
6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み
紫外線が原因での皮膚がんが増えてきていますが、日本と海外(オーストラリア)での紫外線への取り組み方はどのようになっているのでしょうか。
紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!
日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。
光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム
日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。
日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方
日焼け止め(サンスクリーン)はどれも同じだと思っていませんか?このページでは、日焼け止めの種類と塗り方について書いています。
紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について
皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。