紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯

紫外線の種類と多い季節と時間帯

紫外線の種類

紫外線

紫外線(UV)は決して目には見えませんが、私たちの生活に様々な悪影響を及ぼします。特に人の肌に対しては、決して良い作用をしません。

 

良い作用をしない紫外線に対して、私たちはまず紫外線(UV)とは何かをしっかりと理解し、紫外線(UV)を防ぐ対策を施す必要があります。

 

紫外線にはUV-A・B・Cの3種類がありますが、オゾン層を通過して地表に届くのがUV-A・Bの2種類。これら2種類の紫外線(UV)がどのような作用を示すのかご説明します。

 

@UV-A

UV-Aは波長が長い紫外線(UV)で、その35〜50%が表皮を通過し真皮まで到達すると言われています。肌を黒くさせる色素沈着(サンタン)を引き起こす犯人がこのUV-Aです。

 

更にこのUV-Aを慢性的に浴びていると、シワやたるみといった肌の老化の原因となります。これは、UV-Aが、皮膚の弾力線維や、膠原線維(こうげんせんい)に影響を与えダメージを引き起こすからです。

 

AUV-B

UV-BはUV-Aと比較すると波長が短く真皮にまでは到達しません。UV-Bの場合は、浴びた直後にすぐに反応を起こし、主に表皮で急激に肌を赤くするなどの症状を引き起こします。

 

この炎症を「サンバーン」と言いまして、肌の乾燥を引き起こし、更にダメージを与え、これが、シミやソバカスなどの肌のトラブルの原因となります。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

 

紫外線の多い季節と時間帯

紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。

 

しかし、1年中一歩も外出しないというわけにはいきませんし、たとえ家の中にいてもある程度の紫外線(UV)は入ってきます。

 

そこで紫外線(UV)を100%防止しようとはせず、紫外線の多い季節、時間帯を把握して、念入りな対策を施すほうがずっと現実的ではないでしょうか。

 

@紫外線(UV)が最も多い季節

紫外線

紫外線(UV)が最も多い季節は真夏の8月ではなく、それよりも少し前の6月から7月にかけてです。しかも3月頃からすでに紫外線(UV)の量は増えつつあります。

 

したがって、季節的には3月の桜の花が咲き始めた頃から紫外線(UV)対策を本格化させる必要があります。

 

A紫外線(UV)が最も多い時間帯

紫外線(UV)の量が1日のうちで最も多い時間帯は、午前10時から午後2時頃までです。実はこの4時間の時間帯に、1日の半分以上の紫外線(UV)が集中しています。

 

でもこの時間帯は洗濯物を干したり、家庭菜園の草を取ったりと、大方の家事が集中している時間帯でもありますよね?

 

ちょっとだけなら大丈夫という油断こそが大敵です!しっかりと帽子をかぶり、しっかりとUVクリームを塗るなどして万全を期しましょう!

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

関連ページ

悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて
6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み
紫外線が原因での皮膚がんが増えてきていますが、日本と海外(オーストラリア)での紫外線への取り組み方はどのようになっているのでしょうか。
紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!
日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。
光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム
日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。
日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方
日焼け止め(サンスクリーン)はどれも同じだと思っていませんか?このページでは、日焼け止めの種類と塗り方について書いています。
赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)
赤ちゃんの皮膚は大人と違って弱いもの!しっかりと紫外線対策をとり、赤ちゃん用の日焼け止めで守ってあげましょう。
紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について
皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。