悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて

悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて

紫外線(UV)対策(雨天・曇り)について

紫外線

紫外線(UV)は肌に悪影響を及ぼしますが、オゾン層を通過して地表に届く紫外線(UV)は、UV-AとUV-Bです。

 

UV-Aは表皮を通過して更に奥深く真皮にまで到達し、色素沈着(サンタン)を引き起こします。

 

これが肌を黒くさせる原因で、更に慢性的にUV-Aを浴びていると、肌の奥の線維にダメージを与えシワやたるみの原因になります。

 

一方、UV-Aよりも波長が短い為真皮にまでは到達しないものの、浴びた直後から肌を急激に赤くするUV-Bは、肌に炎症を引き起こします。

 

これがサンバーンで、シミやソバカスの原因となるお肌の乾燥をもたらします。

 

従って、肌の健康や美しさを保つためには、1年間を通してとにかく紫外線(UV)を少しでも浴びないよう、日々気をつけ対策を講じることが必要です。

 

紫外線(UV)は3月頃から次第に増え始め、6月から7月にピークを迎えます。つまり、気温のピークと紫外線(UV)量のピークはずれているのです。

 

また、6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。

 

快晴の日の紫外線(UV)量を100%とすると、雨の日は20〜30%、また、薄曇りであれば50〜80%は降り注いでいると言いますから、決して少ない量とは言えません。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

 

紫外線(UV)の防止アイテムとは

紫外線

紫外線(UV)を防ぐアイテムと言えば
    @日焼け止めクリーム
    A日傘、長袖の服
    B帽子、サングラス
が定番ですが、それぞれについて少しだけお話ししましょう。

 

紫外線(UV)対策@日焼け止めクリーム

肌が露出している部分には全てに塗るつもりで、適量をむらなく塗り伸ばしましょう。重要なことは、1度塗ってそれでお終いではなく、数時間ごと(2〜3時間)に塗り直す事が重要です。

 

紫外線(UV)対策A日傘、長袖の服

夏の暑い時に黒い服を着ると、日光を吸収してしまうのではないか?と思いますよね。しかし、夏だからこそ断然黒!をお勧めします。

 

なぜか?白っぽい服は紫外線を通しやすいのです。夏でもなるべく黒っぽい色の服を着ることが、紫外線(UV)対策としては有効なようです。

 

日傘も大きくてしっかりと身体を隠してくれるものがいいですね。最近は、衣類や繊維に紫外線(UV)防止加工が施されているものもあります。

 

紫外線(UV)B帽子、サングラス

帽子やサングラスは慣れない人、私もそうですが特にサングラスは気恥ずかしく感じます。でも、帽子をかぶると約20%、サングラスで約90%紫外線(UV)をカットすることができます。

 

視力矯正の為の眼鏡の中にもUVカット機能がついている眼鏡があります。皮膚だけでなく、目を紫外線(UV)から守ることも大切なのです。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

関連ページ

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯
紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。
紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み
紫外線が原因での皮膚がんが増えてきていますが、日本と海外(オーストラリア)での紫外線への取り組み方はどのようになっているのでしょうか。
紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!
日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。
光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム
日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。
日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方
日焼け止め(サンスクリーン)はどれも同じだと思っていませんか?このページでは、日焼け止めの種類と塗り方について書いています。
赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)
赤ちゃんの皮膚は大人と違って弱いもの!しっかりと紫外線対策をとり、赤ちゃん用の日焼け止めで守ってあげましょう。
紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について
皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。