紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み

紫外線による皮膚がんと紫外線に対する海外での取り組み

紫外線による皮膚がん

紫外線

紫外線(UV)がその発生の要因の1つとなっているのが皮膚がんです。皮膚がんは40歳代から徐々に増え始め、80歳代頃まで発生が続きます。

 

皮膚がんには、主として顔や露出している部分に発生する「有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)」と、「基底細胞癌(きていさいぼうがん)」などがあります。

 

これらの皮膚がんの原因としては、紫外線(UV)、放射線、コールタールなどが挙げられています。

 

また、傷や火傷の痕(瘢痕(はんこん))や、子どもの若者の色素性乾皮症及び、いぼやほくろから皮膚がんを生じることもあるとわかっています。

 

皮膚のタイプによっても皮膚がんになりやすいものがあります。たとえば、白人の皮膚は紫外線(UV)に弱いタイプと言われます。

 

日本では胃がんや大腸がん、子宮がんが上位を占めていますが、最近では皮膚がんが急増しており、老人性皮膚角化症は、紫外線(UV)が原因によるがんで日本で増えつつあります。

 

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の場合は、リンパ節転移がなければ5年生存率は約95%ですが、転移がある場合は生存率70%まで下降します。

 

また、基底細胞癌(きていさいぼうがん)の場合は、転移がほとんどみられず、死に至ることはほとんどないと言われています。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

 

紫外線に対する海外(オーストラリア)での取り組み

紫外線

日本でも最近は、紫外線(UV)防止に対する取り組みが盛んになってきました。

 

時間帯:日差しの強い日中、特に紫外線(UV)量がもっとも多い午前10時から午後2時までの間
時 期:季節的には3月頃から最も紫外線(UV)量が増える6月、7月にかけて
対 策:日焼け止めを塗り、めがねやサングラスをかけ、帽子をかぶり、黒色の長袖の着用
などの紫外線(UV)対策が呼びかけられています。

 

とは言え日本の取り組みは世界的に見るとまだまだ一歩を踏み出したばかりです。各国は、もっと前から本格的な紫外線(UV)対策を、国家をあげて取り組んでいます。

 

紫外線(UV)対策の先進国は、オーストラリアです。オーストラリアでは国民の癌の半分が皮膚がんと言われている為、国家をあげて紫外線(UV)対策が叫ばれています。

 

元来白人は紫外線に弱いタイプの皮膚であり、加えてヨーロッパからオーストラリアの地に移住した彼らは、赤道付近の紫外線(UV)に適応しきれないと思われます。

 

オーストラリアでは「SLIP(スリップ)-SLOP(スラップ)- SLAP(スラップ)-WRAP(ラップ)」というスローガンを掲げています。
@SLIP(スリップ)「長袖を着用しましょう」
ASLOP(スラップ)「日焼け止めクリームを塗りましょう」
BSLAP(スラップ)「帽子をかぶりましょう」
CWRAP(ラップ)「サングラスをかけましょう」

 

日本でも皮膚がんが増えつつあります。今からでも遅くはありません、紫外線対策について真剣に考えて行きましょう。

 

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

関連ページ

紫外線の種類と紫外線の多い季節と時間帯
紫外線(UV)はお肌の大敵であり、女性であれば当然のことながら紫外線(UV)を100パーセント防ぎたい、というのが本音ではないでしょうか。
悪天候時の紫外線対策と紫外線の防止アイテムについて
6月と言えば梅雨!雨の日の紫外線は大丈夫だろう、と思っていませんか?紫外線(UV)は、雨の日でも曇りの日でも、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
紫外線による日焼けと日焼けのタイプについて知りましょう!
日焼けとは、太陽光線を受けすぎて生じる急性の皮膚障害のことを言い、太陽光線に含まれる中波紫外線(UV)は、障害を起こす作用が強いことがわかっています。
光過敏症の原因の除去と日焼け止め(サンスクリーン)クリーム
日焼け止め(サンスクリーン)の効果は、通常3〜4時間程度と言われてますから、朝と昼で1日に2回、塗るようにするとより効果が得られます。
日焼け止め(サンスクリーン)の強さと日焼け止めの手足の塗り方
日焼け止め(サンスクリーン)はどれも同じだと思っていませんか?このページでは、日焼け止めの種類と塗り方について書いています。
赤ちゃんの紫外線(UV)対策と赤ちゃん用日焼け止め(サンスクリーン)
赤ちゃんの皮膚は大人と違って弱いもの!しっかりと紫外線対策をとり、赤ちゃん用の日焼け止めで守ってあげましょう。
紫外線(UV)を浴びた後のお手入れとビタミンCの必要性について
皆さんは紫外線(UV)を浴びた後のお肌のお手入れは、どのようになさっているのでしょうか?紫外線(UV)は肌を老化させます。ですから、加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線(UV)を浴び続けることで徐々に現れてきます。